犬の皮膚の病気

最近愛犬がとても痒そうにしているなんてことはありませんか?

特に毛が抜けていたり、肌に赤みがでていたりする場合は皮膚病にかかってしまっているかもしれません。
動物の場合、痒いと余計に掻いてしまうので、治りにくく、場合によっては悪化してしまう恐れもあります。

愛犬の健康を守る為にも皮膚病について一緒に学んでいきましょう。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーにより引きおこされる皮膚炎です。
ワンちゃん1匹ずつ原因となるアレルゲンが違うので、どういう状況の時にアレルギー反応があるのかを見極めることが大事です。

家にいる時だけや、散歩にいった時だけや、特定の季節の時だけ反応を起こしている場合もあるので、どういう状況で反応がでているのか確認をしましょう。

症状

アトピー性皮膚炎にかかってしまった犬は、主に強いかゆみと、皮膚炎、外耳炎を発症し、とにかく痒がります。
発症してしまうと、身体を掻いたり、身をよじって体を床にこすりつけたり、痒い部分を噛んだりします。

だいたい1歳~3歳くらいの時に発症し、徐々に悪化していきます。
早ければ3ヵ月で発症してしまうケースもあります。

発症部位は、指の間、手首足首付近、マズル、目の周辺、結膜、腋の下、鼠径部、耳介、下肢部、肛門周辺です。
そのままにしてしまうと、掻き過ぎてしまい、皮膚を傷つけて別の病気にかかってしまう場合もあります。

症状が慢性化してしまうと、皮膚が分厚くなる、黒ずみが出る、抜け毛が増える、二次感染が起こるというような症状が出てしまいます。

原因

発症する原因は、その個体がもっているアレルゲン物質が体内に入ることで、免疫反応が過剰に出て炎症が起こります。
本来、細菌やウイルスに対して攻撃するのですが、アレルギーの場合は、必要のない物質にまで過剰に反応してしまうのです。

皮膚が正常な時は、細菌から体を守り、体内の水分蒸発を防ぐバリア機能が働いています。
皮膚が乾燥した部分から病原体が入り込む可能性があるため、皮脂を分泌させて体内の水分が蒸発を防いでいます。

そして、病原体が体に侵入するのを防いでいるのは、皮膚の一番外側にある角質層です。
この角質層が細胞同士を強く結びつけて、外敵の侵入を防いでいるのです。

アトピー性皮膚炎は、何らかの原因で、このバリア機能が弱ってしまった際に体内に病原菌が入ってしまい発症します。

予防・治療法

アトピー性皮膚炎はどのワンちゃんでもかかる可能性があります。
そうならないためにも、すぐにでもできる予防対策を学んでいきましょう。

予防
よくある原因はハウスダスト(ホコリ、カビ、ダニの死骸)です。
まずは一日一回の掃除を心がけましょう。

ホコリやゴミが片付けられていない状態だと、アレルギー発症の原因になります。
しっかりキレイにして、愛犬を守りましょう。

部屋の換気も大事です。
ダニの死骸や、ホコリは空気中に舞い上がります。

知らず知らずのうちにアレルゲンを吸っていることがあります。
こまめに換気をして、部屋の空気を入れ替えましょう。

布団やカーペットやマクラなどにもダニは住み着きやすいので、こまめに干すなどお手入れを欠かさないようにしましょう。
また、愛犬の毛に付いているアレルゲンをシャンプーなどで落としてあげましょう。

常に清潔でいることで、アトピー性皮膚炎を防ぐことができるので、キレイにすることを心がけましょう。

その他に食事で、免疫力を高める方法もあります。

フードに添加物が多かったり、体に合わなかったりした場合は、慢性的な皮膚炎を起こす原因にもなってしまうのですが、普段の食事に気をつけることで、バリア機能を高めることができるのです。

バリア機能である角質の隙間には「セラミド」があります。
このセラミドで隙間を埋めることでアレルゲンの侵入を防いでいます。

食事でこのセラミドを生成するのにPINCHカクテルとよばれる5つの栄養成分(P=パントテン酸、I=イノシトール、N=ナイアシン、C=コリン、H=ヒスチジン)が必要になります。
普段の食事にこのPINCHカクテル入りの物を選ぶだけで、アレルギー予防に繋がるので取り入れてみてはいかがでしょうか?

治療法
まず、アトピー性皮膚炎は完治することがありません。
発症の原因となるようなアレルゲンをなるべく遠ざけて、痒みをコントロールしてあげることが大事です。
発症してしまった場合は、部屋や体を常に清潔にするように心がけ、食事にも気を遣うことで、症状を抑えていきます。

また、肌が乾燥しないように、保湿などのスキンケアをしてあげましょう。
肌が乾燥してしまうと、痒くなってしまい、その部分を掻いてしまい皮膚炎の原因になります。

また、医薬品を使用する場合にはアポキル錠(アポクエル)がおすすめです。
アポキル錠(アポクエル)は犬のアトピー性皮膚炎およびアレルギー性皮膚炎の治療薬で、かゆみを抑えて、掻きむしりを防ぎます。

個人でアレルゲンを特定するにはなかなか難しいもので、病院で診てもらう方がいいでしょう。
そして、抗アレルギー剤を処方してもらって、痒みをコントロールしてあげましょう。

膿皮症

膿皮症は、皮膚の抵抗力が下がった時に、皮膚の中にあるブドウ球菌などの細菌が増えることで起こります。
見た目だけでは膿皮症なのか、他の皮膚病なのかは判断が難しい病気です。

また、痒みと共に丘疹もできてしまいます。
ひどくなると、ジュクジュクとした痛みを伴う状態になってしまいます。

痒みだけでもかわいそうですが、痛みを伴うほどひどくなってしまうと目も当てられません。
大事な愛犬が膿皮症にかからないためにもちゃんとした知識を得るようにしましょう。

そして、万が一かかってしまった場合には、すぐに治療・改善を行えるように事前に準備をしておくようにしましょう。

症状

膿皮症にかかると、皮膚に赤みが帯び、発疹、丘疹、脱毛、かさぶた、膿疱などの症状が皮膚に現れます。

症状がよく現れる場所は、顔や腋、股や指の間などです。
皮膚の感染場所が浅い場合は、赤みを帯びた皮膚の中心に丘疹ができます。

そして、症状が進んでしまうと膿を持つ膿疱に変わってしまいます。
赤みを帯びた膿疱になってしまった場合は固まって、かさぶたのような状態になってしまいます。

また、感染場所が深い場合には、病原体がいる部分が腫れてしまったり、痛みを伴ったります。
場合によっては発熱を伴う場合もあります。

原因

皮膚は常に何らかの菌を保有している状態にあります。
膿皮症は皮膚のバリア機能が低下し、病原菌となる細菌が異常に繁殖して、皮膚に異常をきたします。

この時の細菌は90%ブドウ球菌が原因です。
元々犬はバリア機能のある角質が薄く、細胞の間にある脂質膜が少ないこともあり、皮膚と細菌のバランスを崩しやすく、膿皮症にかかりやすいのです。

また、何らかの原因で体に傷がついてしまった場合に、その傷口から病原菌が体内に侵入してしまい、膿皮症になってしまう場合もあります。

その他、体に合っていない成分が入っているシャンプーやブラッシング、洗い方が適切でない場合にも膿皮症になってしまうことがあるので注意が必要です。

予防・治療法

それでは大好きな愛犬のためにも、予防法と、治療法を確認してみましょう。

予防
膿皮症を予防するには、スキンケアが大事です。
原因となる菌は皮膚にいるので、普段から清潔にすることを心がけて、菌の増殖を防ぐようにしましょう。

ただ、シャンプーをする時に、皮脂の洗いすぎに注意しましょう。
皮脂を洗いすぎてしまうと皮膚を傷つけてしまい、逆に病気になる原因となります。

ブラッシングも同様に、皮膚を傷つけないように力加減に気に付けましょう。

治療法
基本的には菌に対する抗生物質で治療を行います。
おすすめはリクセン錠600(リレキシペット)です。
ブドウ球菌の殺菌にとても効果があります。

あわせてシャンプー療法を行う場合もあります。
また、症状によってはシャンプー療法のみで様子を見る場合もあります。

シャンプーなら天然ハーブシャンプーエリナがおすすめです。
最近や真菌を殺菌し、皮膚のバリア機能や免疫力を高めます。

脱毛症

人に脱毛症があるように、ワンちゃんにも脱毛症があります。
全体的に薄くなっていく場合や、一部だけ抜けてしまう場合もあります。

原因も様々あり、皮膚病から、その部分を舐めてしまいけが抜けてしまったり、環境の変化や何らかのストレスなどで抜け毛が増えてしまったり、カビなどの感染症が原因でその部分の毛が抜けてしまったり、遺伝で薄毛になってしまうワンちゃんもいるのです。

ただ、ワンちゃんには換毛期があり、年に2回毛が生え変わるので、その抜け毛と勘違いしないようにしましょう。

急に毛が薄くなったり、部分的に毛が抜け落ちてしまうと愛犬がかわいそうですよね。
毛はワンちゃんにとっては大事なもの、体の体温を調節し、外からの刺激から体を守ってくれます。

そんなワンちゃんの脱毛症の原因や、対策をご紹介したいと思います。

症状

換毛期ではないのにどんどん毛が抜けてしまう場合や、部分的に抜けて10円ハゲのような状態になった場合は何らかの原因による脱毛症です。

脱毛症かな?と感じた場合には、どういった脱毛症なのかを確認しましょう。
脱毛の症状は、部分的な脱毛症や、全体的な脱毛症があります。

皮膚病を患っていたり、ストレスを感じている時に部分的に抜けてしまう場合があります。
また、皮膚に炎症が起こり、全体的に薄くなる場合や、毛自体がボロボロになり、抜け落ちてしまう場合もあります。

その他、左右対称で、耳だけや、足だけといった部分だけ毛が抜けてしまうこともあります。
見た目で明らかにおかしい場合は、何らかの原因による脱毛症です。

原因

様々な脱毛症がありますが、それぞれ原因があります。
愛犬のためにもちゃんと把握しておきましょう。

自傷性の脱毛症
アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患、疥癬などの感染性疾患やストレスがあります。
皮膚の痒い部分や、気になる部分を掻き過ぎや、舐めすぎで毛が抜けてしまいます。

また、ストレスが原因で舐めたり、噛んだりしてしまう場合もあります。

感染症の脱毛症
ブドウ球菌や毛包虫が過剰増殖した場合に、毛穴が炎症して抜ける場合や、カビが毛に付着することで、毛が弱くなってしまい、ボロボロと抜けて落ちてしまう場合があります。

内分泌性脱毛
性ホルモン異常より、発生するホルモンバランスによる脱毛症です。
去勢や避妊手術を行うとホルモンのバランスが崩れてしまい毛が抜けてしまいます。

淡色被毛脱毛症黒色被毛形成異常症
淡い色の毛だけ抜けしまう病気と、黒い毛だけ抜けてしまう病気です。
遺伝的な要因で抜けてしまいます。

アロペシアX
被毛色に関係なく抜けてしまう病気で、原因はわかっていません。
名前のXは原因不明という意味を示しています。

予防・治療法

それでは、それぞれの予防法と治療法を見てみましょう。

自傷性の脱毛症
アレルギーの場合は、部屋や体をキレイにして、アレルギーの元である病原菌から遠ざけてなるべく痒みを緩和してあげましょう。
皮膚の感染症の場合は、抗生物質で治療を行い、皮膚病を治してあげましょう。

ストレスの場合は、何がストレスになっているのかを見つけて、ストレスを取り除いてあげましょう。

感染症の脱毛症
肌のバリア機能が弱くなってしまい、菌が増殖している状態です。
体をキレイにしてあげて、しっかりスキンケアをしてあげましょう。

抗生物質を与えて、菌を減らすことも重要です。
シャンプーのし過ぎや、強いブラッシングは肌を傷つけてしまうので適度に行いましょう。

内分泌性脱毛
去勢や、避妊によるホルモン異常のため、現在治療法がありません。

淡色被毛脱毛症黒色被毛形成異常症
遺伝的な要因のため、治療法がありません。

アロペシアX
原因も不明で、治療も特定のものがありません。

疥癬

疥癬はイヌセンコウヒゼンダニが寄生することによって引き起こされる感染症です。
皮膚が弱っている時や、年齢に関わらす感染し、強い痒みを発します。

感染すると赤みを帯びて、ふけが出ます。
また痒みが強いので引っ掻き傷を作ってしまいます。

疥癬はうつるので、他に飼っているワンち 症状 ゃんがいる場合には近づけないようにしましょう。
そして、疥癬のやっかいな所が、飼い主である人にも感染するのです。

感染後、2週間くらいで持続的な痒みを発症するので注意をしましょう。

疥癬は傷を作ってしまうくらい痒くなる病気です。
愛犬の為にも、原因や予防法を理解して、疥癬にかからないようにしましょう。

症状

症状には通常疥癬と角化型疥癬の2種類あります。
通常疥癬の場合は、イヌセンコウヒゼンダニが数十匹感染して、その部分が赤くなり、ふけが出ます。

とても強い痒みを伴うので、寝ている時以外はずっと掻いていたり、何かにこすったりします。
掻き過ぎて傷を作ってしまい、他の感染症を引き起こす可能性もあります。

角化型疥癬の場合は、皮膚が弱い子供や高齢になったワンちゃんによく見られます。
この状態だとイヌセンコウヒゼンダニが100~200万匹も感染しているのです。

感染してしまっている部分にはとても分厚いふけがでてしまいます。
この時にも眠れなくなるほどの痒みが伴います。

原因


疥癬はイヌセンコウヒゼンダニが皮膚に寄生して起こります。
イヌセンコウヒゼンダニは肌に寄生後、疥癬トンネルという穴を作ります。

そこに卵を植え付けて繁殖していくのです。
痒みの原因はイヌセンコウヒゼンダニの死骸や、フンに対するアレルギー反応です。

感染経路は、ほとんどの場合は他のワンちゃんと接触した時に感染します。
それも、散歩の時、ドッグランに行った時、動物病院に行った時など、どこでも普通に感染します。

ワンちゃん以外にも、猫ちゃんや他の動物からも感染する可能性があるので注意しましょう。

予防・治療法

うつされる病気なので、疥癬の疑いのある子とは接触させないようにしましょう。
ドッグランなどで、タオルやブラシを共有しないようにしましょう。

イヌセンコウヒゼンダニは乾燥や熱に弱いので、仮にブラシやタオルにイヌセンコウヒゼンダニが付いてしまったら、50度以上の熱湯で10分間ほど煮沸をしましょう。
また、イヌセンコウヒゼンダニは乾燥している場所だと2~3時間程度で死んでしまいますが、床など部屋を常にキレイにしていれば感染しないというわけではありません。

かかってしまった場合は、抗疥癬薬を服用させましょう。

おすすめはレボリューショです。
首筋や肩甲骨に液体をたらすだけで、全身にいきわたり、イヌセンコウヒゼンダニを駆逐します。
一月に一回で効果があるので、愛犬の健康を守るのに最適です。

マラセチア真菌症


マラセチアはカビの一種で、皮膚にいる常在菌です。
健康的な時には特に問題はないのですが、皮膚に異常があり、皮脂の分泌が増え過ぎた場合や、他の皮膚病などで弱ってしまった場合に異常に増殖して皮膚炎を悪化させてしまいます。

マラセチアは皮脂を好むので、皮脂の多い部分に存在し増殖します。
増殖してしまうと、赤みを帯びて痒みやふけなどが出てきます。

常に皮膚にいるので、日々のケアが必要になってきます。
菌を増殖させないためにも、マラセチアはどういう菌なのか確認してみましょう。

症状


マラセチアは皮脂が好物で、シワになっている部分や、わきの下、内股、指の間、耳(耳介)、おなか、下顎、肛門の周りなど皮脂が溜まりやすい部分に住み着いています。
肌に常在している菌で、体調が良好な時には特に問題はないのですが、何らかの要因で皮脂が過剰に分泌した場合や、皮膚が弱っている部分で大量に増殖して炎症を起こし、独特のにおい、赤み、ふけ、痒みを発症させます。

また、他の皮膚病にかかっている場合は、炎症を悪化させたりします。
症状が進行してしまうと、抜け毛、皮膚が厚くなる、皮膚が黒ずむなどの症状が出てしまいます。

原因

マラセチアはカビの一種なので、湿度が高い場所を好みます。
梅雨時期などでは増殖をしやすく、マラセチア真菌症にかかってしまうワンちゃんも増えてしまいます。

発症してしまう原因としては、肌のトラブルです。
皮脂が好物なので、皮脂が過剰に分泌した場合に増殖します。

また、肌が弱っている時に増殖するのですが、その場合に他の皮膚病も患っている場合があります。
他の皮膚病を患っている場合は、炎症を悪化させてしまいます。

予防・治療法

マラセチア自体は常に肌に存在するので、いかに増殖させないかがポイントです。
普段から、シャンプーなどを行い清潔にしてあげましょう。

また、脂分が多くなるとマラセチアは増殖しやすくなるので、食事も工夫して脂分が過剰にならないようにしましょう。
治療は薬用シャンプーや、抗真菌薬を服用させて対処をしましょう。

おすすめはマラセブシャンプーです。
マラセチアやブドウ球菌をキレイに殺菌してくれます。

しかし、他の皮膚病を患っている場合には、先に治さないと皮膚の状態がよくなりません。
皮膚の状態が良くならならいと、マラセチア皮膚炎もよくならないので、他の疾患がある場合は先に治すようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました