犬の歯・口腔内の疾患に関してわかりやすく徹底解説!

みなさんは愛犬のデンタルケアをしていますか?

人間と犬だと口腔内の構造は異なりますが、犬も人間と同じように歯周病にかかったり、口内炎になってしまいます。

特に犬は歯周病にかかりやすく、3歳以上の犬でおよそ8割が歯周病にかかっていると言われています。

多くの犬が抱えている病気ですが、歯周病は放置してしまうと歯肉炎や歯周炎になることもあります。

そして、なによりも怖いのが炎症を起こした部位から細菌が侵入することで、口腔内の中の問題だけでなく、心臓や肝臓など全身の病気につながる可能性もあるのです。

「犬や猫のお口トラブルは良くあることだから大丈夫」と放置しておくと治りが悪くなり、最悪の場合死に至ることもあります。

また、歯周病の治療は全身麻酔を用いるため愛犬にとっての負担も大きくなります。

最近では、ペットのデンタルケア商品も多く、ペットショップやホームセンターや通販サイトでも多く見ることがありますね。

おやつタイプのものや、おもちゃだったり、人間が使用するような歯磨き粉だったり。

愛犬の口腔内トラブルは日々のケアで防ぐことのできる病気なのです。

この記事では、犬がかかりやすい歯周病と口内炎について解説しています。

「愛犬の口臭が気になる」

「歯が黄色くなってきたかも?」

「ヨダレがいつもより多い」

など、感じたことのある飼い主さんは要チェックです!

1つでも当てはまるものがあるのなら、歯周病など愛犬のお口の病気を疑ったほうがいいかもしれません。

歯周病

歯周病とは、歯の周辺の歯周組織に炎症が起こっている病気のことです。

歯周病は人間の口腔内トラブルとしてもよく耳にする病気だと思いますが、実は人間よりも犬の方が歯周病になる確率は高いのです。

それは犬の歯の作りやヨダレの性質に違いがあるためです。

まず犬の歯は人間の歯よりも歯と歯の隙間が狭く、その分歯垢や歯石が付着しやすいのです。

口内に残った汚れが原因となり炎症を起こし、歯周病になります。

犬は歯周病になりやすいのですが、虫歯になることはほとんどありません。

それは、人間の口腔内は弱酸性であるのに比べて、犬の口腔内はアルカリ性であるからです。

アルカリ性の場合、虫歯菌のエサとなる糖が口内に留まりにくいため、虫歯菌が繁殖しづらく虫歯になりにくいという性質があります。

また、犬の歯は人間の歯よりも尖っているため、くぼみに虫歯菌が溜まりづらいことも関係しています。

ですが、アルカリ性は歯垢が石灰化して歯石になりやすいという性質があり、それが歯周病の原因となってしまうのです。

症状

犬は歯周病になってもあまり痛みを感じないため、飼い主さんも気づきにくいことが多々あります。

歯周病にかかった時に見られる主な症状は、

  • 口臭がする
  • くしゃみ、鼻水が慢性的に出る
  • 歯がグラグラする
  • 口周辺が腫れる

などが上げられます。

上記でも説明した通り、犬の口内はアルカリ性で、歯垢が歯石になりやすいという性質があります。

口腔内の表では見えない部分である歯周ポケットで溜まった歯石に含まれる細菌が原因となり感染や炎症が起きます。

歯周病は炎症性疾患といい、症状の進行によりあらゆるところに炎症を起こし、炎症を起こした部分は赤くなったり、腫れたりといった症状が出ますが、この段階で犬が痛みを感じることはほとんどありません。

歯周ポケットから歯肉炎という感染や炎症が始まり、症状がどんどん進行していくと、歯周病へと悪化していくのです。

歯周病は歯を支えている歯槽骨という土台を溶かしてしまうため、歯がグラグラし最後には抜け落ちてしまうこともあります。

その他にも、炎症が鼻にまで到達すると鼻水やくしゃみをよくするようになります。

また顎や頬のあたり、口周辺が腫れる、ひどい場合は頬に穴が開いたりなどの症状もでます。

さらに炎症が起きている部位から細菌が血管に入り、内蔵に悪影響を起こし、糖尿病、脳血管疾患、心疾患、肺疾患など全身に影響を及ぼし、命の危険となる可能性もあるのです。

愛犬がもしかしたら歯周病かも?っと思ったら、口の中を見て、

  • 目立つ汚れがついている
  • 歯茎が赤くなっていたり腫れたりしている
  • 歯茎から出血している
  • 口の周辺が腫れている
  • 歯が伸びている気がする
  • ご飯を食べた後でもないのに口が臭い
  • くしゃみ、鼻水、鼻血がよく出る

をチェックしてみてください。

1つでも当てはまっていたら歯周病の可能性があります。

歯周病は放置してしまうと歯周組織が徐々に破壊されていく進行性の病気です。

歯周組織は1度破壊されてしまうと治療をしても元の健康な状態に戻ることはありません。

そのため、愛犬に気になる症状を見つけた場合はすぐにでも病院へ連れて行くようにしましょう。

原因

歯周病の原因は、歯と歯の隙間につまった歯垢の中に潜んでいる細菌が原因となって起こります。

犬の歯は、犬歯、切歯、臼歯で形成されており、人間よりも歯が多いのです。

飼い主さんが愛犬のデンタルケアをしっかりしていても磨きにくい部分もあるため、歯垢を見落としてしまうと歯石へと変化し、徐々に歯茎の奥深くへと侵入していきます。

歯茎周辺に侵入すると、外からは見えづらくなりますが、歯周組織内ではどんどん進行していきます。

歯周病の原因となる細菌は口の中に数多く存在し、ヌルヌルとした糊状のバイオフィルムと言われる細菌の塊となります。

このバイオフィルムは、歯茎や歯周ポケットにくっつきバリアを貼り、毒素のある老廃物を排出し、炎症などの様々な悪影響を及ぼすのです。

この歯周病の原因ともなる歯垢は、食べ物の残りカスが歯の表面に付着し、細菌が繁殖したものです。
一般的に食後6~8時間程度で歯垢へと変化します。

歯垢が溜まりやすくなる要因として、

  • ウエットフード
  • 食物繊維が少ない
  • 歯磨きをしない
  • 乳酸菌が少ない

などが上げられます。

ウエットフードの場合、ドライフードに比べると水分量が多く、どうしても歯に付着しやすくなるという特徴があります。

ドライフードの水分量が10%なのに対して、ウエットフードには75%も水分が含まれています。

次に、食物繊維は歯の研磨作用や唾液の分泌を促す作用があるため、歯周病予防となるのです。

また、乳酸菌を多く取り込むことで口腔内の善玉菌を増やし、歯周病の原因となる細菌の増殖を防ぐことも歯周病予防となります。

しかし、歯周病の原因となる細菌を徹底的に予防することは難しいため、やはり愛犬には定期的に歯ブラシをしてあげることが大切です。

予防・治療法

歯周病の治療は、全身麻酔をかけて行うため犬にとても負担がかかります。

歯石などの汚れを全て除去してもらい、もし、グラグラしている歯があれば抜歯してもらいます。

状態がひどいと歯肉部分から切除することもあるようです。

歯周病は飼い主さんがしっかりとデンタルケアを行うことで防げる病気です。

人間でも同じですが、高齢になるにつれて歯周病になることが増えていきます。

近年、良質なペットフードが市場にも増え、また動物医療の高度化、室内飼いの犬が増えたことにより犬の寿命も伸びてきてきました。

大切な我が子にいつまでも健康な歯でいてもらうために愛犬のデンタルケアにも力を入れていきましょう。

そのためにはまず自宅での歯磨きを習慣化させることが大切です。

食べカスを口の中に残してしまうと、歯垢が溜まりそれが歯石となり歯周病の原因となります。

愛犬の歯磨き方法として、最も効果的なのは毎日のブラッシングです。

歯と歯茎の間についた汚れをしっかり落としてあげることが大切なのです。

「犬用の歯ブラシ」は動物病院やペットショップ、通販サイトでも販売されています。

ですが、いざブラッシングしようと思っても犬は警戒したり、遊んでくれるのかな?って歯ブラシに噛み付いて引っ張ってしまったり…。

最初からうまくいくことはなかなかないのです。

根気強く口の周りを触ったり、口の中に指を入れて歯を触ったりといったコミュニケーションから始めていきましょう。

最初はブラッシングからでなくても、歯みがきシートなどを使用し磨いてあげても大丈夫です。

徐々に慣れてきたら歯ブラシを口の中に入れ、まずは1本磨いてみましょう。

1つのステップに時間をかけて慣れさせていくことで、愛犬が示す恐怖心や抵抗感を取り除いてあげましょう。

また、デンタルガムや歯磨き効果のあるおもちゃも効果的です。

奥歯の汚れを取り除くことには適していませんが、なにもケアを行わないよりは、こういったグッズを活用するのも手の1つです。

他には、食事を改善することで歯周病予防に繋がることもあります。

例えば鶏の骨は、愛犬が齧っている時に歯石が取れると最近飼い主さんたちの間で話題になっています。

必ずしも固い食べ物が歯周病予防に繋がるというわけではありませんが、普段ペットフードを上げている方であれば1度試してみるのも有りですね。

犬の歯周病発症率は非常に高いのですが、飼い主さんの日々のケアで予防することができます。

毎日のブラッシングで犬の口の中を観察すると、ちょっとした変化にも気づくことができ、歯周病が悪化する前に病院へ連れて行くこともできます。

最初は嫌がるかもしれませんが、根気強く続けていくことが大切です。

口内炎

口内炎とは、内頬、歯肉、舌といった口腔内の粘膜に炎症が起きていることです。

犬の口内炎は、人間と同じように痛みを感じるため、お腹は空いているのに食べると痛いため食欲が落ちる、元気がないなどの症状がでます。
私たちも口内炎になった時は、普段の食事をつらく感じたり、お腹は空いているのにスムーズに食べることができないと感じますよね。

その状態が長く続けば続くほどストレスになりますよね。

犬も同じように口内炎になるとストレスを感じます。

口の中は見づらく、食欲がないというだけだと、他の病気を疑ってしまったりということもありますよね。

「食べづらそうにしている」
「食べこぼしている」
「食べるのに時間がかかっている」

など、愛犬の普段とは違うちょっとしたしぐさで気づくことができるとすぐに対処することができます!

ここでは、犬が口内炎を発症した時の症状や原因、予防法や治療法を紹介しています。

症状

犬が口内炎になると口内炎ができる箇所にもよりますが、以下のような症状がでます。

  • 食欲がなくなる
  • 普段と違う食べ方をしている
  • 口元を気にする素振りをする
  • ヨダレが多くなる
  • 口臭の悪化
  • 口内が腫れている

噛むと痛い、口を動かすと痛い時って私たちも食べる量が減ってしまいますよね。

犬も同じように痛みを感じると食欲が落ちてしまいます。

また、口腔内が普段とは違うと感じると口の中が気になって見てしまいそういった素振りを見せます。

口内炎にもいくつか種類がありますが、潰瘍性の口内炎だと細菌が感染して起こるため、口臭がきつくなりネバネバした唾液を大量に出します。

普段と様子が違うなと感じたらまずは愛犬の口の中を見るようにしましょう。

痛いところを触ってしまうと嫌がってしまうため、口に触るときは慎重に行いましょう。

原因

口内炎にはいくつか種類があります。

例えば、上記でも上げたような潰瘍性口内炎、系統性口内炎、壊死性口内炎などです。

腫瘍性口内炎の場合は、多くの場合は原因不明だそうですが、代謝の異常や、ビタミン不足などの栄養不良、免疫力の低下、感染症など様々な可能性が考えられます。

ですが、歯周病が原因で口内炎になることが多いようです。

また、口内炎は、長期で抗生物質治療を行っている、腎臓病、糖尿病などの全身性の疾患が原因の場合もあります。

あとは、異物やトゲ、感電した場合でも口内炎になることがあります。

代 謝 性:
糖尿病、上皮小体機能低下症など
免疫介在性:
天疱瘡・エリテマトーデスなどの自己免疫疾患、薬物に対する過敏症
感 染 性:
細菌、真菌、ウイルス(ジステンパーなど)
外 傷 性:
異物、感電(電気コードを噛んで)、化学物質、咬傷(蛇など)、植物のトゲ
毒   性:
植物毒など

出典:ワラビー動物病医院グループ

予防・治療法

口内炎の治療は主に、抗生物質や、ステロイド剤を用いて治療を行います。

ですが、獣医師が口内炎の原因となったものを見つけ出し治療を行うため、必ずしも抗生物質を使用したりということではないのです。

例えば、歯周病が原因で口内炎ができている場合には、全身麻酔を行い歯石の除去、必要に応じて抜歯を行います。

また、トゲが刺さっていた場合にはトゲを抜き、抗炎症作用のある塗り薬を塗ることもあります。

口内炎の予防は、口腔内を清潔に保つことが大切です。

普段からの歯ブラシの習慣や、食事の工夫、ワクチンの摂取などで防ぐことができます。

食べ物を食べたあとのカスが口内に溜まったままになってしまうと、細菌が繁殖し、口内炎や歯周病の原因となっていまいます。

また、歯石が溜まりにくいドライフードにしたり、フードの中に歯垢や歯石が付きにくくなる食物繊維、鶏の骨を与えることで口内炎を予防することができます。

そして、感電や異物を飲み込まないような飼育環境にすることも大切です。

愛犬のお口の中で起こりうる、歯周病や口内炎は飼い主さんの日々のデンタルケア、食事などで予防することができる病気です。

毎日のスキンシップで愛犬の観察を行うことが大切で、口臭や食欲の低下、元気がないなどの異変があれば動物病院で診てもらうようにしましょう。

また、口内炎に関しては糖尿病や腎臓病など全身性の疾患が原因の場合もあるため、定期的に健康診断やワクチンを受けることも大切です。

タイトルとURLをコピーしました