猫の皮膚の病気

みなさんの飼っている愛猫は元気にお過ごしですか?
昔は外飼いが当たり前でしたが、最近では室内飼いも増えてきていますよね。

状況は違えど、昔からさまざまな病気があり、その中に皮膚病があります。
家族の一員である愛猫が、見てすぐにわかる皮膚病にかかってしまったらかわいそうですよね。

愛猫にはいつも元気でいてもらいたいもの、特に皮膚病にかかってしまったらかわいい容姿も台無しです。
そこで、今回は猫ちゃんの皮膚病について詳しく解説をしていきます。

しっかり把握をして、愛猫の健康を守ってあげてください。

アトピー性皮膚炎

ワンちゃんの場合はアトピー性皮膚炎とはどういうものか定義があるのですが、猫ちゃんの場合はアトピー性皮膚炎という定義がなく過敏性皮膚炎、非ノミ非食物関連性過敏性皮膚炎、猫アトピー様皮膚炎と、名称が統一されていません。

アトピー性皮膚炎は、ノミやダニなどの寄生虫、細菌やカビなどの感染症、食物アレルギー以外で起こるアレルギー性皮膚炎です。

かかってしまうと激しい痒みや、ふけなどの症状がでます。
そして激しく引っ掻いてしまうため、出血を伴うケガをしてしまうのです。

そうならないためにもアトピー性皮膚炎を正しく理解して、適切に対処できるようにしましょう。

症状

主に顔や耳の後ろ、首の周りなどに症状が現れます。
その他、指の間や足首付近、結膜、腿の付け根、下腹部や肛門付近に症状がでることもあり、発症すると赤み、痒み、ふけがでます。

また、発症している部分は、舐め過ぎてしまい、抜け毛の原因にもなります。
痒みはとてもひどく、強く引っ掻いてしまいケガをしてしまいます。

傷口の毛は抜けてしまい、他の病気もかかってしまうこともあるので注意が必要です。
また、症状があらわれているのにも関わらず放置をしてしまうと、慢性化してしまい、皮膚が黒ずみ、厚みがでてしまいます。

原因

原因は環境によるアレルゲン(ハウスダストや、ほこりなど)です。
発症する原因となるアレルゲンが、皮膚を通して体内に入ってしまった時に、体の免疫反応が過剰に反応してしまい、体に強い痒みなどを生じさせます。

個体により、アレルゲンはさまざまあります。

花粉など、一時的な原因の場合もあるので、どの状況で痒みが発症しているのかを確認することが重要になってきます。
部屋にいる時に症状がでている場合には、なにが原因なのかを把握して対策をしてあげましょう。

猫ちゃんの場合、外でなんらかのアレルゲンに触れてしまい、発症している場合もあるため、判別することが非常に難しいとされています。
個人でアレルゲンを判別しようとしてもなかなか難しいので、病院へ連れて行って原因を特定してあげることをおすすめします。

予防・治療

部屋が汚れていると、ハウスダストがどんどんたまってしまい、アトピー性皮膚炎の原因になってしまいます。
部屋は常にキレイにするように心がけて、1日1回は掃除をするようにしましょう。

部屋の換気も重要です。
ホコリや、ダニの死骸などは非常に軽く、空地中に舞い上がることがあります。
部屋の空気はこまめに換気をして、新鮮な空気に入れ替えましょう。

エアコンのフィルターにもハウスダストが付いていることが多くあります。
こまめにフィルターを掃除して、汚れた空気が流れてこないようにしましょう。

布団や、枕、ぬいぐるみなどにもハウスダストは付いています。
定期的に天日干しをするなど、清潔にすることを心がけましょう。

また、皮膚が乾燥すると痒みが強くなってしまいます。
保湿効果の高いシャンプーなどを使用して肌を守ってあげましょう。

ただ、猫ちゃんの場合はシャワーなどとても嫌がる傾向にあるので、月に1度くらいにしてあげましょう。
原因が判明したら、そのアレルゲンをなるべく取り除いてあげるようにしましょう。

薬を使用する場合はアトピカ内用液猫用がおすすめです。
痒みや炎症を抑えてくれます。

液体なので、フードなどに混ぜることで、簡単に与えることができます。

膿皮症

膿皮症は猫ちゃんの免疫力が低下をし、皮膚に常在しているブドウ菌などの細菌が異常に繁殖してしまった際に起こる皮膚病です。

発症する場所も、3パターンあり、表皮、毛包、皮下組織と、だんだんと深くなっていきます。
場所によって病名も変わり、表在性膿皮症、浅在性膿皮症、深在性膿皮症となっています。

深在性膿皮症の場合は症状も重く、痛みを伴い、食欲もなくなってしまいます。
症状によってはとても怖い膿皮症、正しく理解をして、愛猫を病気から守るようにしましょう。

症状

膿皮症の症状は、発症する皮膚の深さによって症状が変わります。

表在性膿皮症
肌の表面で菌が繁殖してしまった場合に表在性膿皮症になります。
丘疹、肌の赤み、ふけなどの症状がでます。

発症部分に痒みがでる場合もありますが、でない場合もあります。

浅在性膿皮症
表在性膿皮症よりも深い場所で発症した場合に浅在性膿皮症になります。
発症すると毛の根本の毛包が腫れて、毛包一致性の丘疹ができます。

場合によっては膿のある膿疱もでき、痒みも伴う場合が多く、再発しやすい病気です。

深在性膿皮症
浅在性膿皮症よりもさらに深い場所で発症すると深在性膿皮症になります。
発症すると炎症が起こり、皮膚に赤みがでてひどい場合には紫色になることもあります。

そして、発症部分は腫れて血を含んだ膿がでて、痛みを伴います。
ひどくなってしまうと、全身に広がってしまう場合もあるので注意が必要です。

原因

主な原因はブドウ球菌や黄色ブドウ球菌です。
なんらかの要因で、体の免疫力が低下をしてしまった時に、ブドウ球菌が大量に増殖をして感染するのです。

膿皮症は猫では発症することが少ないとされています。
発症する場合は他の皮膚病をすでに患っていることが多く、二次感染で発症することがほとんどです。

また、傷口から感染することもあります。
他の皮膚病を発症していて、引っ掻いて傷を作ってしまった場合には注意が必要です。

しかし、このブドウ球菌自体は普段から皮膚に常在する菌で、大量に増殖しなければ害はありません。

予防・治療法

予防するには、ブラッシングをしてあげることが重要です。
換毛期などにブラッシングをしてあげていないと、毛が取れずに皮膚が蒸れることで膿皮症の原因になります。
間違ったブラッシングでも皮膚を傷つけて、症状が発症してしまうことがあります。

また、月に1度くらいシャンプーをしてあげましょう。
殺菌成分と、保湿成分のシャンプーを使い、肌をキレイにして、抵抗力を高めてあげましょう。

ただ、シャンプーのやり過ぎは、表皮の皮脂を落とし過ぎてしまい、細菌が皮膚の中に入りやすくなってしまいます。
シャンプーには天然ハーブのエリナをおすすめします。

皮膚の炎症を緩和し、細菌と真菌の殺菌、免疫力の向上に効果が期待できます。

薬を使用する場合にはリクセン錠600(リレキシペット)をおすすめします。
有効成分のセファレキシンがブドウ球菌に対して、優れた殺菌能力を持っています。

脱毛症

急に一部分の毛が抜けてしまっていたら脱毛症を疑いましょう。
脱毛してしまう原因には、感染症、アレルギー、ストレス、とさまざまあります。

感染症の場合は痛みや痒みを伴う場合もあります。
アレルギーならアレルゲンを特定して、なるべく離してあげることが重要です。
ストレスを感じているのであればストレスを緩和してあげなければなりません。

要因はさまざまですが、もし愛猫の毛が抜けてしまっているのを発見したら、どういった脱毛症なのかを確認しましょう。
間違った認識で処置をしてしまうと、症状が悪化し、別の病気を発症してしまうこともあります。

脱毛症にかかるとかわいそうですよね。
それでは、脱毛症の症状や原因を一緒に学んでいきましょう。

症状

脱毛症の種類によって、症状は異なります。
それぞれの脱毛症の特徴を見てみましょう。

感染症による脱毛症
顔周りや背中、手足の一部分などに円形の脱毛が見られた場合は感染症による脱毛症の可能性がります。
カビの一種である皮膚糸状菌が皮膚に感染して発症し、毛が抜けてしまっている部分の周りにはかさぶたや、ふけがでます。

痒みを伴うので、掻きむしってしまい、手足にも菌が付いて症状がでることがあります。

アレルギーによる脱毛症
アレルゲンが体内に入ることで発症します。
アレルギー反応がでると、目の周りや口に赤みがでて、湿疹や体全体に痒みがでます。

痒みは強く、体を舐めたり、掻きむしったりして炎症が広がり、脱毛してしまいます。

ストレス
ストレスを抱えてしまうと、グルーミングを過剰にしてしまいます。
舐めやすい手足や、腹、下腹部に脱毛の症状がでます。

舌で毛をそぎ取ってしまうので、舐めた部分の毛が短くなり、場合によっては皮膚が露出してしまいます。

原因

原因も脱毛症の症状によって異なります。
原因を特定しなければ、治療を行えないので、特徴をちゃんと捉えるようにしましょう。

感染症による脱毛症
カビの一種である皮膚糸状菌が皮膚に感染して発症します。
感染経路には、原因となる菌を保有している他の動物や、菌が繁殖している場所で肌などに付着します。

皮膚病を患っているなど、菌を保有していそうな動物を見たら避けるようにしましょう。

アレルギーによる脱毛症
ノミやダニなどのハウスダストや、食べ物によるアレルギーで発症します。
特に猫ちゃんはノミアレルギー性皮膚炎を多く発症するので、ノミに対する処置を怠らないようにしましょう。

ストレスによる脱毛症
ストレスの場合は判別が難しくなります。
猫ちゃんは環境の変化に弱いので、引っ越しなどが原因の場合があります。

その他、普段何かにストレスを抱えていると、グルーミングを過剰にして、脱毛症に発展してしまいます。
何にストレスを感じているのかできるだけ早く把握をするようにしましょう。

予防・治療法

原因が判明したら、後は取り除いてあげるだけです。

予防
感染症の場合は、他の菌を保有している動物に接触させないことが重要です。
外に出している時には外で感染してしまう可能性があるので注意が必要です。

人からも感染してしまうので、外出後は手洗いなどを忘れずにしましょう。

アレルギーの場合は、アレルゲンから離してあげるようにしましょう。
ノミアレルギーならば、ノミの駆除を定期的に行いましょう。

また、部屋をキレイに保つことも重要です。
ハウスダストが溜まっているとアレルギー発症の原因にもなります。

部屋の換気もこまめに行いましょう。
ほこりや、ダニの死骸などはとても軽く、部屋を歩くだけで舞い上がります。

ストレスの場合はいち早く取り除いてあげましょう。
猫ちゃんはただでさえストレスに弱いので、ささいなことで病気を発症してしまう場合もあります。

治療
感染症の場合には、抗真菌薬を投与します。
おすすめはケトコナゾールジェネリックです。
カビの増殖を抑え、殺菌の効果が期待できます。

また、患部の毛を刈り取って抗真菌薬のシャンプーを使用する場合もあります。
感染症の場合には、他の皮膚病も伴っている場合があるので、その治療も合わせて行います。
症状が良くなるまで、1ヵ月ほどかかることもあるので、根気よくいきましょう。

アレルギー性の場合には、まずはアレルギー物質から遠ざけましょう。
何によるアレルギーなのか特定をしないと、症状を緩和させることができません。

特定が難しい場合には、病院に連れて行き検査を行いましょう。

ストレスの場合は、ストレスを取り除いてあげましょう。
ストレスを感じているなと思ったら、その状況の前後で、どんな変化があったのかを考えてみましょう。

ささいなことでも猫ちゃんにとってはとても重要なことだったりします。
愛猫の様子をしっかりとみて、何にストレスを感じているのか把握をしてあげましょう。

疥癬

ネコショウセンコウヒゼンダニに寄生されることで発症します。
強い痒みを伴うので、患部を掻きむしってしまい、ケガをしてしまうこともあります。

傷があると他の皮膚病にかかってしまう場合があるので、寄生されているようなら、すぐに処置を行うようにしましょう。
また、ふけやかさぶたなどができ、皮膚が厚くなることで、見た目が老けた状態になってしまいます。

眠れないほどの痒みを伴う疥癬、発症してしまったら、とてもかわいそうです。
ダニに寄生されないように、正しい処置をして、愛猫を守ってあげましょう。

症状

ほとんどの場合、耳から寄生が広がり、顔や頭部、全身へとうつっていきます。
症状は、強いかゆみ、発疹、フケ、かさぶたがでます。

特にかゆみがひどく、食欲不振になり、とてもストレスを抱えてしまいます。
そして、患部を掻きむしることで、傷を伴うケガをします。

ストレスなどで、抵抗力が落ちている時に、ケガなどをすると、そこから他の病原菌が体内に入り、別の病気を発症させてしまいます。

原因

原因はネコショウセンコウヒゼンダニや、ミミヒゼンダニに寄生されることで発症します。
ヒゼンダニは、卵を産むために皮膚に穴を開けてトンネルを作ります。

そのトンネルの中に潜って新しい卵を植え付けて繁殖していきます。
ダニの死骸やフンがトンネルの中で残り、アレルギー反応を起こすことで強い痒みや皮膚炎を起こします。

感染経路は、ダニを保有している他の猫ちゃんからうつります。
動物病院など、他の猫ちゃんがいる場所へ連れて行く場合は注意をしましょう。

また、飼い主が感染している他の猫ちゃんに触れることで、ダニを連れてきてしまい愛猫に感染することもあるので注意してください。

予防・治療法

常に環境をキレイにして、ダニの感染を防ぎましょう。
主に感染している猫ちゃんからうつるので、外にだす際には注意が必要です。

感染の恐れのある猫ちゃんが使ったタオルや、ブラシは使用しないようにし、仮に使われてしまった場合には50度以上の熱湯に10分間漬けてダニを殺すようにしましょう。

治療をするには、薬を使いダニを駆除します。
薬はレボリューションがおすすめです。

ダニ駆除の他、ノミ、猫回虫の駆除、フィラリア予防も行う事ができます。
その他、殺虫効果のある薬剤を溶かしたお湯で薬浴をする場合もあります。

多頭飼いの場合には他の子にもうつってしまう場合があるので、同時に治療を行い、ダニが残らないようにしましょう。

マラセチア真菌症

マラセチアは肌に常在している菌です。
普段は無害なのですが、なんらかの要因で、菌が増殖してしまう場合があります。

皮脂の分泌異常や免疫力が低下した時に、菌が増殖し炎症として皮膚に現れます。
マラセチアは皮脂を好む菌なので、皮脂の多い場所に生息をしています。

痒みを伴う炎症で、肌を掻きむしって傷を付けてしまうこともあります。
そして、免疫力が低下しているので、他の皮膚炎にかかってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

他の皮膚炎も発症してしまうとなると怖いですね。
大事な愛猫のためにも、対処方法を把握して、2次被害のないように対処をしてあげましょう。

症状

発症すると、肌に赤みが帯び、ふけや痒みがでます。
また、肌が脂っぽい状態になり、毛にもべたつきがでます。

耳の付近で菌が増殖し、炎症が起きた場合には外耳炎になってしまい、臭いのある耳垢が増えます。
また、症状がひどくなると脂っぽい臭いがでてきます。

そして、始めは痒い状態だけですが、だんだんと痛みを伴うようになります。
治療にもだいたい1ヵ月ほどかかるので、症状が悪化しないように注意が必要です。

原因

マラセチア真菌症は、なんらかの要因で免疫力が低下したり、皮脂が過剰に分泌したりした時に、菌が異常に増殖をして発症します。
マラセチアは皮脂が好物なので、脇や股などの重なる部分や、シワになっている部分などの皮脂が多くある部分に生息しています。

耳の周りで増殖をしてしまった場合には外耳炎の原因になり、黒く臭いのある耳垢が溜まってしまいます。
マラセチア真菌症が発症しているということは、免疫力が下がってしまっている状態です。

たいていの皮膚病は抵抗力が下がってしまった時に感染し発症するので、他の皮膚病などを併発している可能性が考えられます。

予防・治療法

予防をするには、マラセチアの増殖を抑え、免疫力を高めるようにしましょう。
常に部屋や体をキレイにしてあげて、菌が増えにくい環境を作りましょう。

また、菌の増殖を抑えるために、シャンプーなどで殺菌をするようにしましょう。
ただ、猫ちゃんはシャンプーを嫌がるので、月に1度くらいにしてあげましょう。

免疫力を高めるためにフードに気をつけてあげましょう。
添加物が多く含まれているフードや、体に合わないフードを与えていると、免疫力が下がり、皮膚炎の原因にもあります。

治療には、抗真菌薬を使用します。
おすすめはケトコナゾールジェネリックです。
マラセチア増殖の増殖を抑え、優れた殺菌効果が期待できます。

マラセチア真菌症の場合、他の皮膚炎も同時に発症していることが多くあるので併せて治療をしましょう。
他の皮膚病が治っていないと、なかなか症状が改善されません。

発症してしまった場合は治療に時間がかかるので、根気よく続けるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました