猫の耳の病気

室内飼いの家庭が多い猫にとって、耳の病気と言ってもあまりピンと来ないかもしれません。

犬の場合は、散歩などで外に出ることも多いことから、耳の病気と言うと何となくイメージが浮かぶかと思います。
耳ダニ感染や汚れによって起こる、外耳炎や中耳炎などの病気は知っている方も多いですよね。

しかし、室内飼いであっても耳の病気を発症することが多いのは猫も同じです。
主に寄生虫による皮膚炎が多く、また多頭飼いの場合はケンカなどの外傷が原因となることも考えられます。

耳をかゆそうにしている様子や、足でしきりに耳の裏などを掻いている様子が見られたら、何らかの病気を発症している可能性が高いでしょう。
耳の病気に気がついた段階では、すでに重症化してしまっている場合もあります。
少しでも様子がおかしいなと思った際は、早めに動物病院で診てもらうようにしましょう。

耳の病気は見落としがちなので、普段からしっかり様子を見てあげてください。
今回は猫の耳の病気として多く見られる外耳炎、中耳炎、内耳炎、耳ダニの症状や原因などを解説していきます。

外耳炎

外耳炎とは、その名の通り外耳道の皮膚に炎症を起こす病気で、外耳炎道とも言われます。
外耳は、耳介から鼓膜までの間のことです。

通常、猫の耳道は乾燥していますが、シャンプーや水遊びで耳の中に水が入ると湿った状態になります。
そのまま放置すると、耳垢にカビや細菌が発生することがあり、外耳炎を引き起こす原因となるでしょう。

他にも、耳ダニやアレルギー性皮膚炎などが原因として挙げられます。
若い猫は耳ダニ、成猫はアレルギー性皮膚炎、シニア猫は細菌感染と、年齢によって原因の割合が異なるのが特徴です。

猫の場合、スコティッシュホールドやアメリカンカール、マンチカンなどの猫種が外耳炎になりやすいとされています。
これらの猫種は、耳の軟骨が固いという特徴があり、耳垢や湿気が溜まりやすい構造になっているのです。
特に折れ耳であるスコティッシュホールドは、湿気がこもりやすいので注意が必要です。

耳を掻いている、頭を振る、耳から臭いがするなどの様子が見られたら、外耳炎を疑ったほうが良いでしょう。
普段からこまめに耳のチェックや、ケアをしてあげると予防につながります。

症状

原因によっても症状は異なりますが、主な症状としては

  • 耳をかゆがる、掻く
  • 頭を振る
  • 耳から臭いがする
  • 茶色や黒っぽい耳垢が出る
  • 耳の周辺や頭を触られるのを嫌がる

などが挙げられます。

外耳炎を起こすと、かゆみが発生するため耳を掻いたり、頭を振ったりなどの行動が見られるようになります。
細菌感染の場合には、耳から異臭や茶色や黒い耳垢が出てくることも。

症状が進むと、痛みも発生するので耳や頭を触られるのも嫌がるようになるでしょう。
また掻きむしって傷がつくと、耳介に内出血が起こり違う病気を引き起こしてしまう可能性もあります。

さらに重症化すると、頭が傾いていたり、眼振したりなどの様子が見られます。
これは命にかかわる危険性もあるので注意してください。

原因

外耳炎を起こす主な原因は、耳ダニやアレルギー性皮膚炎、細菌感染です。
これらの原因の他にも、シャンプーの際に耳に水が入り、湿り気が多い状態のまま放置して細菌が発生すると外耳炎の原因となる場合もあります。

外耳炎を発症しやすい猫種として、スコティッシュホールド、アメリカンカール、マンチカンが挙げられます。
この中でも特に折れ耳であるスコティッシュホールドは、耳の中に湿気が溜まりやすいので注意が必要です。

また虫や植物の種などの異物が耳に入ることによって、外耳炎になる場合もあります。
異物が入り込んだままの状態でいると、刺激で炎症が起こることがあるので、耳を気にしているような仕草が見られたら耳をチェックしてみましょう。

予防・治療法に関して

日ごろから耳や様子をチェックしてあげることが、一番の予防になります。
定期的に耳をチェックし、拭いてあげるなどの簡単なケアをしてあげてください。

耳をかゆそうにしている、頭を振っているなどの行動をしていた場合、注意して様子を見るようにしましょう。

耳垢トルトル耳クサ・イヤーシートという、耳の汚れを拭き取る洗浄用の商品があります。
使用方法は簡単で、軽く押さえて拭き取るだけなので愛猫にも飼い主さんにも負担がかからないでしょう。

他にも、完全室内飼いにして、耳ダニに感染している場合がある外の動物に触れさせないようにするのも有効な予防方法です。
シャワー後はしっかり拭き、折れ耳の猫には風を当てて耳の温度と湿度が上がらないようにすると良いです。

また治療は検査を受けて原因を特定し、原因に合った処置を行います。
猫の外耳炎は基本的に、まず洗浄液を使用して耳垢や汚れを除去します。

耳ダニが原因の場合はダニの駆虫薬、細菌感染が原因の場合には抗生物質などを用いて治療を進めます。
しかし症状が進行していると、治療開始から完治までに長い時間がかかるのです。
梅雨の時期などは特に湿気が溜まりやすいので注意し、愛猫の様子がおかしいときは早めに病院に連れて行くようにしましょう。

中耳炎

中耳炎は、耳の奥にある中耳(ちゅうじ)という部分に炎症が起きる病気です。

中耳とは、鼓膜やその奥の鼓室という空間のことを指します。
自律神経に隣接しているため、中耳に炎症が起こると、周辺の自立神経や顔面神経にも影響が出る場合があります。

猫の中耳炎の場合、頭を振る、ふらつくなどの様子が見られたら中耳炎の可能性があるでしょう。
外耳炎の悪化が原因で、中耳炎を引き起こしてしまう場合が多いので、スコティッシュホールドなどの猫種は特に注意が必要です。

治療は、基本的に抗生物質や点耳薬を用います。
しかし中耳炎が進行し、内服薬ではなかなか抑えられない場合には、手術を受け鼓室を切開しなくてはいけない可能性もあります。。

外耳炎を発症している段階で症状に気づき、早めに動物病院で診てもらうようにしましょう。

症状

猫が中耳炎を発症すると、

  • 耳を掻く
  • 耳や頭を触られるのを嫌がる
  • 頭や耳を傾ける
  • ふらつき
  • くるくると旋回行動

などが症状として見られます。

中耳炎は、かゆみよりも痛みが強くなるという特徴があります。
そのため、耳や頭を触られるのを嫌がる猫もいるでしょう。

また神経に隣接している中耳が炎症を起こすことで、平衡感覚にも異常が出ます。
頭や耳を傾ける、歩いているときにふらついている、くるくる回るような旋回行動をしているなど。

さらに痛みによって筋肉の動きにも影響を及ぼし、口を開けるのを嫌がるようになる可能性も考えられます。
これらの症状に加えて、元気がなくなった、食事をあまり取らなくなったなどの場合は中耳炎を疑って良いかもしれません。

原因

中耳炎の原因は、ほとんどが外耳炎から生じるものです。

中耳炎は、細菌やウイルスなどが耳管を通って中耳に感染して起こります。
すでに外耳炎を発症していると、炎症が鼓膜を破り、中耳領域にまで達してしまうことがあるのです。

外耳炎以外の原因としては、細菌感染や中耳内の病気もあります。

耳管は鼓室と外界に通じている構造で、鼓室内の気圧と外の気圧を均一化する働きがあります。
しかし外界と通じているので、細菌などの進入路になってしまうのです。
そのため口内で発生した菌などが、耳管から鼓室に入り炎症を引き起こします。

また外耳炎や耳管とは別に、中耳内に発生した腫瘍やポリープが原因の場合も。
中耳炎が疑われたら、すぐに病院に連れて行って原因を特定しましょう。

予防・治療法

中耳炎を予防するためには、外耳炎を悪化させないということが最も大切です。
耳をかゆそうにしている場合は、念のためすぐに病院に連れていくと良いでしょう。
早期発見ができれば、早く治療が行え完治の可能性が高くなります。

治療には、抗生物質や点耳薬を用います。
基本的にはこれらの内服薬で治療しますが、症状が進行していた場合は薬だけでは治りにくくなります。
その場合、鼓室を切開する手術を行わなければなりません。

愛猫に苦しい思いをさせないためにも、外耳炎の疑いが見られたら悪化しないうちに早く治療してあげましょう。

細菌に対して高い効果を持った、アモキシシリンという抗生物質があります。
中耳炎も含めて、様々な感染症に有効なので効果が期待できるでしょう。

内耳炎

内耳炎とは、中耳よりもさらに奥にある内耳(ないじ)に炎症が起こる病気のことです。

内耳は、聴覚や平衡感覚を脳に伝える蝸牛や前庭、三半規管という器官で構成されています。
そのため内耳に炎症が起きてしまうと、難聴やふらつきなど様々な症状が現れます。

内耳炎の原因のほとんどが中耳炎です。
内耳炎に進行するまでに、外耳炎や中耳炎の段階でしっかり治療を受けることが大切です。

基本的には抗生物質や抗真菌薬を用いての内科的治療になりますが、腫瘍などができている場合は外科的治療になるでしょう。

症状

内耳炎の症状として、

  • 難聴
  • ふらつき
  • 旋回行動
  • 眼振
  • 頭を傾ける
  • 嘔吐

などが挙げられます。

内耳には、音を脳に伝える蝸牛と、体の速度や平衡感覚を伝える前庭・三半規管という器官があります。
蝸牛に炎症が起きると難聴、前庭や三半規管に起こるとふらつきや嘔吐などの影響が出ます。

呼びかけや物音に無反応、ふらついているなどの症状が見られたらすぐに病院に行きましょう。

原因

内耳炎も外耳炎が進行して、内耳まで炎症が達することが原因で起こります。
炎症を起こす原因は主に細菌ですが、内耳内に発生する腫瘍やポリープの場合もあります。

真菌や耳ダニの場合は、中耳の炎症で止まる可能性が高く、内耳炎へ発展することはほとんどありません。
しかし細菌は耳の奥に進行していくことがあります。

細菌が原因で起こった外耳炎や中耳炎は、治療を行わなければ内耳に達してしまうので注意しましょう。

予防・治療法に関して

内耳炎を予防するためには、中耳炎と同じで外耳炎を発症しないように注意することが最も重要です。
定期的に耳のお手入れをして、常に清潔に保てるようにしましょう。
耳のケアもやりすぎると傷をつけてしまうこともあるので、注意が必要です。

獣医師推奨で、多くの動物病院で採用されているノルバサンオチックイヤークリーナーという耳洗浄液があります。
効果はもちろん、安全性も信頼できる商品です。

また治療ですが、原因に対して適切な治療を受けてください。
細菌が原因の場合は基本的に、抗生物質や抗真菌薬などを用いて内科的治療になります。
腫瘍やポリープが原因の場合は、手術で摘出するといった外賀的治療になるでしょう。

早期治療が大切なので、愛猫に異変を感じたらできるだけ早めに動物病院に行ってください。

耳ダニ

耳ダニとは、猫の耳の中に寄生して病気を引き起こす寄生虫です。
正式には、耳疥癬症(みみかいせんしょう)。

耳ダニは、活発的に動くダニで感染力が非常に強い寄生虫とされています。
室内飼いの猫の場合はあまり心配いりませんが、外に出る猫の場合は要注意です。

猫が耳をかゆそうにしていたから、耳を確認してみたら耳垢が黒くなっていて驚いた方もいるのではないでしょうか。
黒い耳垢は、耳ダニの死骸やふん、卵が正体と言われます。

耳ダニも外耳炎などと同じで、折れ耳であったり耳の構造が複雑な猫種が感染しやすくなっています。
スコティッシュホールドや、アメリカンカールなど。

耳ダニに感染されると、非常に強いかゆみから耳を掻きむしって出血してしまうこともあるのです。
放置して症状が悪化すると、中耳や内耳にまで炎症が達し、聴力を失う危険性があるので注意しましょう。

症状

耳ダニに感染した場合の症状は、

  • 耳のかゆみ
  • 耳の異臭
  • 黒い耳垢が出る
  • 全身のかゆみ
  • 目の周辺に炎症

などが挙げられます。

耳のかゆみは、耳ダニの一番の特徴です。
非常に強いかゆみが発生するので、頭を振ったり耳を掻きむしるなどの行動が見られるでしょう。
掻くことで耳が傷つき、出血を伴うこともあります。

放置いていると、どんどん症状は悪化します。
症状が進むと、耳から異臭のする膿が出たり黒い耳垢が溜まったりするようになります。
黒い耳垢の招待は、耳ダニの死骸や糞、卵です。

さらに重症化した場合、全身にもかゆみが広がり、目の周りにも炎症が起こります。
また中耳や内耳に炎症が達すると、聴力を失う恐れもあるので、早めの対処が必須です。

原因

  • 接触による感染
  • 不衛生な環境から感染

耳ダニに感染する原因は、この2つです。

外には耳ダニに感染している動物も多くいるでしょう。
そのため愛猫を外に出し、感染している動物と接触すると、簡単に感染してしまうのです。

接触による感染は、完全室内飼いの過程であれば、あまり心配はいりません。
外に出さないように気をつけましょう。

またもう一つ、不衛生な環境からの感染があります。
これは飼育環境が不衛生であったり、耳のケアをせず汚れが溜まったままだったりすることが原因です。
こういった状態であると、耳ダニにとっては良い環境になってしまいます。

耳ダニは感染力も生命力も強いため、寄生されると対処が大変です。
普段から飼育環境や、愛猫の耳を清潔に保つようにしましょう。

予防・治療法

耳ダニの予防に最も効果的なのは、外に出さないことです。
外で感染している動物に接触して感染してしまうことが多いため、猫は完全室内飼いがおすすめ。
室内飼いの猫でも耳のお手入れも週に1度くらいの頻度で行い、清潔に保ってあげることが大切です。

しかし外に出る猫の場合、耳ダニ感染は避けられない問題です。
もし耳ダニに感染してしまったら、早めに動物病院に連れていきましょう。
耳ダニは自然治癒しないため、放っておくと悪化していきます。

症状が軽いうちは、ダニの駆除薬などで治療が行えます。
重症の場合は、炎症を抑えるために抗生物質や抗炎症剤などが用いられるでしょう。

耳ダニの駆除に有効な、レボリューションというお薬があります。
レボリューションはフィラリア駆除薬として有名ですが、実は耳ダニやお腹の虫などにも効果があります。
世界中で信頼されている商品なので、安心して使用できるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました